元離宮二条城の見どころを紹介しています。 実際の見学順路と同じコースで、御覧いただけます。
.jpg


世界遺産登録 元離宮ニ条城


★京都観光のおみやげは、こちらから!★


  ・入城時間   8:45 〜 16:00 (閉城17:00)
  ・二の丸御殿  9:00 〜 16:00
  ・休城日
     12月26日〜1月4日、7月、8月、12月、1月の毎週火曜日
                             (休日の場合は翌日)

二条城 最寄の宿泊施設

京都全日空ホテル 京都国際ホテル

二条城内 旧二条城の石垣

kyu-nijoujou ikou tizu.jpg

 京都御苑内に復元された織田信長の旧二条城の石垣が、ここにも復元されています。
 天守閣跡から順路に従い、本丸御殿の玄関を通り過ぎ、内掘にかかる西橋を渡ると休憩所とトイレがあります。 その左側にこの石垣があります。 あまり目立たないので見落としてしまいそうです。

旧二条城の石垣

 築城当時、日本において布教活動をしていたポルトガルの宣教師、ルイス=フロイスの記録によれば、旧二条城というのは現在の二条城以前に、永禄十二年(一五六九)二月に工事を開始し、常時一万五千人から二万五千人の人役を投入し七十日間程でほぼ全容を整えたということであり、期間を極めて短くするために石垣の石材に近郷の石仏・板碑・燈籠等を徴収し、積み込んだと記載されているが、そのとおりの石仏などがこの遺構に見られる。 その後、信長は義昭を追放し、東宮誠仁親王を迎え入れ「二条御所」とも呼ばれていた。
 天象十年(一五八二)の本能寺の変において明智勢に攻めいられ、信長の長子、信忠が自刃し城郭建築は焼失した。
 この石垣は、京都市高速鉄道烏丸線(地下鉄)建設に際し、烏丸下立売から発見されたものである。 石垣は「犬走り」をはさんで上下二段に分れて北面し、東西方向に走り、東南方向に折れる角をもつ。この遺構は移築に際し方向が九十度ほど変ったが、元来は東西方向に長く、八m強を測り、普通の石材約百五十個の他に四十個程の石仏、板碑、礎石が使われている。
 昭和五十二年  京都市  (表示板より)
kyu-nijoujou ikou.jpg

京都御所 京都御苑散策記  http://52473232.blog97.fc2.com/

★京都観光のおみやげは、こちらから!★

二条城観光のヒントになりましたでしょうか?

☆ブログランキングに参加しています。
宜しく御願い致します。

banner2.gif
posted by 二条城 城主 at 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。